ピアノ引越し買い替え

MENU

お子さまの「おけいこごと」としても圧倒的に人気が高いピアノですが、そのきっかけとして、「親戚から楽器を譲ってもらったから」という人も多いのではないでしょうか。

 

たとえば「鍵盤楽器」といっても、電子ピアノやオルガンなどいろいろなものがあり、メンテナンスの必要性についてもそれぞれです。
しかし、たとえ少しの距離でも楽器を動かしたときは、故障の有無についても確認しておくことが大切です。

 

ピアノの調律の必要性は多くの人が知っていますが、電子ピアノやオルガンには、精密な電子部品が使用されているため、なんらかの振動で故障してしまうことがあるからです。
また、冒頭でお話ししたように、弾かなくなったピアノを親戚などに譲るとき、つまり、ピアノ引越しは修理のチャンスでもあるのです。

 

ピアノは、大変デリケートな楽器であり、特に「湿気に弱い」といわれていますが、そのほかにも、ねずみが巣をつくったりして、演奏に支障をきたすこともあります。
ピアノを弾いた経験のある人なら、ちょっとした違和感にも気付きますが、そうでない人も、定期的に触ってみて、鍵盤の戻りが悪くないかなど確認したほうがいいですね。

 

もちろん、弾く主がいなくなった楽器にお金をだすのには、少し抵抗がある人もいるかもしれませんが、楽器は自分の家族のように大切に扱いたいものです。
そのため、ピアノを譲るときや、家の引越をするときなど、ピアノ引越しは修理ができるチャンスだと捉えて、「投資」に踏み切る気持ちも大切だといえます。

 

ピアノが欲しくても買ってもらえなかった時代の人や、住宅事情などでピアノが置けない人もいます。
そんななか、せっかく縁があってめぐりあえたピアノですから、弾く人がいなくなった後もずっと大切にしたいですね。